債務超過の不動産売却方法

債務超過とは・・・

売却対象不動産に残っている債務(ローン残債)より、売却価格が下回ってしまうことをいいます

【例】
住宅ローンの残債が2800万円で売却価格相場が2000万円前後

このようなケースの場合は下記の何らかでの方法が必要になります。

差額を自己資金で・・・

差額分を預金から若しくは近親者様からの援助で補填します。


差額を借入れる・・・

差額分を金融機関からの借入で補填します。

但し、無担保融資になりますので、一般的な金融機関からの借入れは困難になります。


任意売却・・・

ローンの支払いができず売却するにも差額分を補填できない為、金融機関に抵当権を外していただく交渉をします。

但し、交渉するには細かな条件が必要になります。※交渉については、不動産業者が行います。

差額分については、無担保債務として残ります。


お買い替え・・・

差額分を買い替えローンで次の購入物件に上乗せし補填。

但し、買い替えローンを組むには細かな条件が必要になります。