ワンストップサービス


E.L.のワンストップサービス

ワンストップサービス


\  エステート リンクの3つあんしん 


あんしん①
リフォームが可能か事前に判断
希望のリフォームが実現可能か
事前に確認出来るので安心

あんしん②
失敗しない資金計画
物件+リフォームの予算配分を
併せて相談出来るので安心


あんしん③
仲介+リフォームの窓口が一つ
仲介とリフォームが一緒の会社で
責任が一か所なので安心

そもそも「ワンストップ」とは?



窓口が一つなので、

打合せがスムーズに進みます。


ワンストップとは、ひとつの会社(窓口)で、物件探しからリフォーム・新築工事、さらには資金計画やローンの申し込みまで一貫して行えるサービスを指します。

これまで「土地・中古物件探し」と購入後の「リフォーム・新築」は別々の会社に依頼するのが一般的でした。ところがこの2つの工程が別々であることによって、下記のようなデメリットがあります。

ワンストップサービス

物件探しとリフォームが別々だと、どんなことが起こる?

リフォーム・新築の
予算が足りなくなる

一般的に、住宅購入の知識や経験のない購入者が家を買おうとする時は、まず不動産会社に物件探しを依頼することが多いと思います。
 しかしこの時点で、購入後のリフォーム・新築費用を試算し、総予算を把握し、適切なローンの選択(申込み)ができる人はほとんどいません。 
不動産会社は、人気物件であればあるほど、競合会社に負けないよう早く契約する方向に誘導しますので、購入後のリフォーム・新築プランや費用についてじっくり検討する時間もないままに、物件購入の決断を迫られることになります。 
その結果、購入後にいざプランを進めていくと、予算が足りないというケースがしばしば起こります。しかし、この時点で、物件購入をキャンセルすることはできませんので、仕方なく買ったままの物件に住まざるを得ないという残念な結果になります。

希望通りの
リフォームができない

予算の問題以外にも、建物の構造やマンションの管理規約などの規制で希望通りのリフォームが出来ないケースがあります。
例えば、「購入時にキッチンを移動したい」「柱や壁を抜いて大きな間取りに変更したい」という希望を持っていたとしても、配管や構造を調査した結果、それができないということは多々あります。また、マンションには管理規約があり、共有部分であるサッシの交換ができなかったりと様々な制限があります。
このような制限を購入者が自分で調査することはまず無理ですので、専門家のアドバイスを求めることになりますが、一般的に、不動産会社の主業務は物件を「現状有姿(ありのままの姿)」で引き渡すことですので、建築についての専門的なアドバイスは受けられないことが大半です。結果として、購入後に様々な制限が発覚し、思い通りの間取り・プランにならないケースが起こります。

複数の担当者との
やりとりがわずらわしい 

「中古を買ってリフォーム」をする場合、大きく3つの工程について各会社とやりとりをする必要があります。

1. 不動産会社 (物件探し) 
2. 設計・工事会社 (リフォーム ・ リノベーション) 
3. 銀行などの金融機関 (ローン)
この少なくとも3人の担当者と、タイミングよくやりとりを進めていかなければなりません。しかし購入者は事前にいつどんなやりとりが発生するかわかりませんので、手さぐり状態の中で、それぞれの担当に何度も確認を繰り返すことになり、かなりのストレスになります。 
この段取りがうまくいかないと、物件の引き渡しからリフォーム着工までの期間が空いてしまい、家賃とローンの二重払いになったり、物件費用とリフォーム費用を別々に借入しなければならなくなったりします。